夫のグラタン

◆食べる・シンガポール
スポンサーリンク

今週は、月曜の朝〜金曜の昼までの14食は、明治屋とレッドマートで買い込んだ食材で自炊をし続けていて

冷蔵庫も冷凍庫も

そして料理をする気力も空っぽになった金曜の夜は

Wismaに入っているBurger+のデリバリーにしました。

Burger+ - More Than Just A Burger
Burger+ aims to uplift the enjoyment of gourmet burger. Burgers plus more! Let’s get bigger, bolder and better.

お洒落バーガー屋さん、イートインできない今、デリバリーかテイクアウトがとってもお得と、お友達のインスタやブログで見てオーダー。

ほぼ外出しない生活だと、特に夜はお腹が空ききらないので、ミニサイズのバーガーセットがあって、子供にちょうど良かった。

韓国のバーガー店なので、ブルコギバーガーをオーダーしてみましたが、これが美味しかった。

肉汁ジューシィなバーガーというよりは、おしゃれなレストランカフェバーガーで、ポテトも胃もたれしない軽さ。

雨の土曜日は

午前中にいつものようにオンラインのヨガクラスに参加して

Stay homeの今、毎週末特に予定はないけれど

雨が降るとサイクリングにも出られず

本当にただゆっくり、ごろごろ。

夕方、夫がグラタンを作ってくれると言ってくれて

(というか昨日届いたレッドマートでグラタンの材料を買い込んでおいて、グラタンを作って頂きたいと迫ったというのが正しい)

夫が調理中、雨がやんだので、息子を連れて近所を散歩がてら

せっかくチーズたっぷりのグラタンを作ってくれるのだからと、たまにはビールでも買おうかと

初めて、ガソリンスタンドに併設されているCheersに入ってみたら

もう夕方で品薄ではありましたが、Deli FranceやPOLAR Puffs&Cakesの、ちょっとしたお菓子が売られてることを知り

こんなところに!と、テンション上がりました。

もうすぐグラタンが待っているから、今日は買わなかったけど、ちょっと甘いものが食べたくなったら、散歩がてら買えることを知って嬉しい。

コンドのエレベーターを降りたら

炒め玉ねぎや、バターやにんにくの、いい〜香りが漂い

「ただいま!」とドタを開けるのが、幸せだったこと。

夫は東京で一人暮らしをしていた大学時代、ファミレスのジョナサンの厨房でバイトをしていたので、いろんな料理を作れるのですが

タンドリーチキンとか、ほうれん草とベーコンのパスタとか

何でも一口食べて、「うん、ジョナサンの味だ!」と言うのが、付き合い始めた頃のネタで

でも、こうしてジョナサンのないシンガポールで暮らしていると

夫の料理が、昔よりもさらにありがたく美味しく感じます。

友達の旦那さんたちの話を聞いていても、大学時代に厨房バイトをしていた人って、ちらほらいて

20年経った今でも、バイト先のインドカレーとか、居酒屋メニューとか、作ってくれたり。

夫は家庭教師のバイトもしていたらしく、息子にも冷静に勉強を教えているのが感心するところ。

大学時代のバイトって、あなどれないわ…と思ったりします。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました