セントーサ島シロソビーチで9月15日まで開催「Sentosa Sandsation」

Sentosa
スポンサーリンク

セントーサ島シロソビーチで開催されている、砂で造られたアート展示「Sentosa Sandsation」。

昨年見に行って、砂で造られているとは思えないような精工な細工に感心したので、今年も行ってみました。

Sentosa Sandsation公式HP

Sentosa Sandsation
Free entry into Sentosa as Star Wars takes over Southeast Asia’s largest sand sculpture festival

場所・行き方

【場所】

セントーサ島の端、シロソビーチで開催中。シャングリ・ラ・ラサ・セントーサの隣の浜辺に特設会場が造られています。

【公共交通機関】

・セントーサエクスプレスの終点、ビーチステーションで下車。徒歩10分。

・123番バスでビーチステーション下車。徒歩15分。

・セントーサを巡回する無料のオレンジのバスかビーチトラムでシロソビーチへ

・ケーブルカー(セントーサライン)のシロソポイントステーションからすぐ

【タクシー】

シロソビーチへはタクシーで直接乗り付けることができないので、シロソポイントステーション付近で下車。

Grabを利用する場合、5ドル割引のプロモーションコードがあります。

Promo code: SANDSATION

開催日時

【期間】2019年8月31日~9月15日

【時間】10:00~20:30

【入場料】無料

2019年は「STAR WARS EDITION」

今年のサンドアートのテーマは、スターウォーズ。

テントに入ると、立体的なヨーダがいます。

我が家は金曜の夜に行ったのですが、空いていてじっくりと見ることができました。夜だとライトの印影が出て、迫力があるように感じます。

形を作りやすく崩れにくい砂を用いているのだと思いますが、それにしても砂とは思えない精巧さ。

シンガポールに暮らしていると、もっと風が通り抜けたら涼しく感じるのに…と思うくらい、風のない蒸し暑い日が多いのですが、その気候が海辺でサンドアートを飾るにはちょうど良いのかも。日本の海辺だったら、風で崩れてしまいそうですけどね。

奥にはスターウォーズ以外のテーマもあり。

まさに今創作中のところもありました。

一般の人が参加できる砂場コーナーもあり。

昨年は週末の日中に行ったので、すごい人混みで、すでに砂場に参加できる人数を越えてしまっていましたが、今年は金曜夜だったので砂場は自由に遊び放題になっていました。うちは着替えを持って行っていなかったので今回は遊びませんでしたが。。

お時間のある方は、水着や着替えを持って行くと、思いっきり砂遊びできます。

乾期の終わり、毎日ほとんど雨が降らず、暑い暑いシンガポール。息子の7週間のホリデー中、暑い日中に外遊びをしていた名残り疲れで、最近は週末もできれば日中の炎天下に出かけるのを避けたくて、夕方から出歩くようにしているのですが、夜のシロソビーチは暑くなくて(決して涼しいわけではないけれど)、サンドアート見物と散歩には快適でした。

セントーサ島で無料のイベントが開催される=シンガポールのローカルスクールのホリデー期間。7日~15日まで、ターム3と4の間のホリデーなんですね。

ローカルスクールホリデー中は子供の遊び場が混み合いますが、こういった無料イベントがたくさん開催されるので、ありがたいものです。

タイトルとURLをコピーしました