幼馴染とトンデミ

◆日本一時帰国
スポンサーリンク

思い返せば、お互い、眠る我が子をベビーカーで押しながら川沿いを歩いていた時に、ナンパしたのが始まりだった。

早いもので、あれから10年。

こんな砂だらけだったり、水溜りでびちゃびちゃだったり、このあとどうやって帰ったのか思い出せないような外遊びに付き合ってくれた、ゆるい友。

3年前に家族でシンガポールにも来てくれたので

3年ぶりのリアル再会。

まだ友達の学校が夏休み直前で半日登校あったので、終業時間に車でピックアップして、その足で私達も迎えに来てくれて

小学校高学年が喜ぶ屋内アスレチック施設、「トンデミ」へGo〜!

トンデミ幕張 イオンモール幕張新都心店 | スペースアスレチック トンデミ (TONDEMI) | その他の施設 | バンダイナムコアミューズメント「夢・遊び・感動」を。
トンデミ幕張 イオンモール幕張新都心店に、『トンデミ』が登場!約480坪の施設内には国内最大級の規模を誇るトランポリンエリア、大人から子供まで気軽に楽しめるクライミングウォールエリア、ハラハラドキドキのロープアクティビティなど、世界中から集めたアクティビティを体験できます。

シンガポールに来たときはまだ2歳だった弟くんも幼稚園年長になり、一緒に挑戦。

子どもたちが楽しんでいる間、母たちはひたすら喋り

相変わらず、ずっと変わらないなと言いつつも

来年の中学受験の悩みを聞いたりしていると、10年経ったことを実感。

今回の帰省でよく聞かれたのが

「シンガポールのインターナショナルスクールには受験ってないの?どうやって中学に上がるの?」

という話で。

よく会社のローカル校ママたちにも「インターナショナルスクールにはPSLE(小学校卒業試験)はないの?」と聞かれるけど

プライマリーからセカンダリーに上がるときは、卒業試験も受験もありません。

うちの場合はいずれIBで大学を目指すという進路。

だから我が家は、息子がプライマリー1年になるタイミングでシンガポールに移住したので。

これから中学受験を迎える日本の友達親子のやる気やプレッシャーやストレス…親子でそういう時期を迎えたのだなと実感した帰省でした。

友達も旦那さんも賢い人たちなので、親子で力を合わせて、目指す進路に向かって、良い報告が聞けるといいんだけど。

そんな年なんだなぁ。

夜は仕事終わりの父たちも合流して、近況報告。

子どもたちが幼稚園の頃、今アジアに駐在している一家とよく3家族で集まっていた頃が懐かしい。

From Bangkok
現在バンコクに住んでいるお友達一家がシンガポールで年末年始を過ごしていたので、夏の日本帰省で会って以来久しぶりに遊ぶことができました。日本の幼稚園で一緒だったお友達で、週末のラグビースクールも一緒だっ

赤ちゃんの頃から知っていると、小学生になってから知った子とはちょっと違う感じで

いつまでもお互いの子をギュッと抱きしめたり

10年前に川沿いでナンパして良かったよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました