12月31日まで開催、セントーサコーブのクリスマスイベント「Island Lights」。

Sentosa
スポンサーリンク


セントーサ島の東側、セントーサコーブのONE 15 Marinaの周辺で11月16日~12月31日まで開催されているクリスマスイベント「Island Lights」に行って来ました。

Island Lights


セントーサ・ゴルフクラブを越えて、Wホテルがある辺り。

この辺りはクルーザー停泊所付のコンドミニアムやホテルレジデンスが並び、シンガポールの中でも優雅なエリアです。


息子のクラスメイトのバースデーパーティで、このエリアのレジデンスのクラブハウスBBQにお邪魔した際、プールの前にどーんと何隻ものクルーザーが停まっていて、森のホーランドビレッジとの別世界っぷりに度肝を抜かれ、しかもそういうパーティ慣れした欧米人ママたちが、ビキニの上にシースルーなドレスを纏って参加していて、その格好良さに驚いてばかりで。。息子に「お母さんも次はああいう格好で参加しなよ」と言われても、ムリムリー!…なイメージのセントーサコーブ。


タクシーでレジデンス直行直帰だったので、この辺りは住民かクルーザー所有者、またはホテル利用者しか入れないエリアなのだと思い込んでいたのですが、レストランもたくさんあるんですね。


ONE 15 Marinaの1階に外に、クリスマスマーケットが出ていました。クリスマス用品が売られているお店よりは、ゲームの屋台のようなものが多かった。


夕方から開催されているようですが、夜7時を過ぎて暗くなってからのほうがライトアップは見応えがあると思います。


個人所有のクルーザーにクリスイルミネーションが施され、17日(今日ですね)はBoat Paradeも行われているようです。


海に写って輝きを増すイルミネーションが見事。


さらに進むと、光を使ったアートと遊び場がありました。


ぐるりとコーブを囲むようにある歩道を進むと、レストラン街が。こんなにたくさんお店があると知っていたら、ここでディナーにすれば良かった。知らずに、セントーサに入る前に食事を済ませてしまいました。期間中にもう一度くらいIsland Lightsを見に行きたいので、その時には。

ベトナムの、ホイアン?みたいなランタンが下がっているお店もあって素敵。


この辺りで、Cotton Candyを無料で作ってもらえました。


初めて綿あめを食べた息子。
意外と美味しかったらしい。


7:45になったら、ファイアーパフォーマンスが始まったり


この人たちは何だったんだろう?Youtuberかな?子供たちが集まっていたので、息子も何やら参加していましたが…


折り返して、スタート地点へ戻ったら、サンタさんとジンジャーブレッドマンに会いました。


小さい子向けの、小さな移動遊園地あり。


息子が、何か一つ屋台のゲームをやりたい!と言っていたのですが、5チケットのセットでS$25の販売。景品を見ると、ぬいぐるみだったり、、もう当てても息子の年では使わないような物ばかりだったので、やめておいて。

何やら、前輪に荷台付きの自転車で観光している人々がいることに気付き、それに乗ろう!と探してみたら

コールドストレージやセブンイレブンのある広場に、受付がありました。

Cycling without age Singaporeというもので、コペンハーゲンに拠点を置く企業が、ボランティアが操縦する三輪車に乗る形で高齢者にレクリエーションモビリティを提供しているのだそうです。


料金は無く、サインして寄付という形で乗せてもらうことができました。大人2人+子供1人でもOK。


寄付に慣れた外国人のみなさんが10ドルをBOXに入れていたので、我が家も10ドル。ぎゅうぎゅうに乗ってますけど。。


先ほど散策した道とは反対側の、クルーザー停泊所とコンドミニアムが並ぶ住宅街の方がサイクリングコース。


最近、雨期に入っても全然雨が降っていないからか、湿気が少なくて夜風が心地よく、海辺で自転車に乗せてもらうと少し涼しく感じるくらいで、とても快適でした。


クルーザー停泊所の端まで行って折り返し。これは楽しい。素敵な高齢者サポート事業だと思います。


どんなものか、全然わからずに、初日の土曜日に出かけてみましたが。

予想以上に規模が大きく、クリスマス気分が盛り上がった無料イベントでした。

帰り際に、マーケットの八百屋さんで、枝付トマトとグレープを買って帰りました。試食させてもらったら、とっても美味しくて。


結局、八百屋で買い物して帰る庶民をも受け入れて楽しませてくれる、セレブエリア・セントーサコーブのクリスマスイベントでした。笑



この他にも、野外映画の無料上映もあるようなので、またセントーサに遊びに行ってみたいと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました