「% Arabica」がホーランドビレッジのChip Bee Gardensにもできた。

◆食べる・シンガポール
スポンサーリンク


シンガポールのブギスに上陸して大人気の、京都のコーヒー店「% Arabica」。

% Arabica
From Kyoto to the world. Currently 108 stores in 18 countries. It is about our love for coffee, design, and #seetheworldthroughcoffee ***


その後サマセットに2店舗目、そして先日ホーランドビレッジに3店舗目ができました。


工事中の場所に「%」の広告が出てから、しばらくかかったので、いつ開くのか楽しみにしていました。

このすぐ近くに住む友達が、OPENしたよ!と教えてくれたので、さっそく待ち合わせてCoffee Morning。


こんな外構にも、「%」。


広々とした店内。各テーブルが大きくて、ゆったりした造り。


ラテにしようかな…と思いましたが、一味違うらしい、Spanish Latteにしました。


食べ物は、このパン3種類のみ。

友達はクロワッサン、私はパンオショコラを食べました。


Spanish Latte、確かに一味違う、ほんのり甘く、まろやか。コーヒー自体は酸味も苦みも控えめで、とっても飲みやすい、日本好みの、ぐいぐい飲める味。

ただし、Lサイズ(と言っても他店のレギュラーサイズくらい)でS$9.8は強気な価格。 

最近、日系レストランがS$20以内で前菜・メイン・ドリンクのランチセットを提供し始めているシンガポール。ラテ一杯でS$10近いのは、ホテル並み。



パンオショコラは美味しかったけど、ラテが甘かったので、甘さが増してしまった。クロワッサンのほうが合ったかも。


ブギスとサマセットの人気行列具合から、ホーランドビレッジはどうなるのかと思っていましたが、拍子抜けするくらいに、いまのところ、いつも空いています。

日本人が少ない、観光地ではないホーランドビレッジ。

本当にコーヒーが好きで、ゆっくり味わって楽しみたい人には、混雑していない店舗がおすすめです。


ホーランドビレッジ駅すぐのカフェ・レストラン街 Chip Bee Gardensには、人気店が並んでいて、クロワッサンの美味しさならTiong Bahru Bakeryのほうが印象的だし

ここの隣には、近隣に住む欧米人に安定した人気があるBaker & Cookがある。


日本人は、新たなカフェを開拓して、色んなお店に行ってみるのが好きだけど

ホーランドビレッジに住む欧米人たちは、近所の美味しいカフェに通うのが好きだと思うので


この味と価格が受け入れられるのか…という気がします。


美味しさとコスパの良さで、隣のBaker & Cookがさらに繁盛しているように見えました。

Baker & CookやTiong Bahru Bakeryでは、ラテは6ドルくらいですから、友達とのCoffee morning outを気軽に楽しむには、それで充分。

学校のクラス全体のCoffee morningは、ずっとホーランドビレッジのCoffee bean & tea leafが定番。

人気に左右されない欧米人、シビアですからね。




にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました