Playground付きカフェレストランのPlayground無しタイム

◆食べる・シンガポール
スポンサーリンク

昨日は夫婦ともに定時で仕事を切り上げて

普段あまり行くことのないマウントバッテンの辺りへ行き

どこかで夕飯を…と考えて、そういえばまだ行ったことがなかった、有名なカフェに行ってみました。

広い庭に大きなバウンシーが出て

子供を遊ばせながら大人はゆっくり食事ができるという

コロナ前ならば優雅な休日Play dateができることで有名だった

Cafe Melba

AboutCafe Melba
Cafe Melba is a relaxed cafe and restaurant concept by Tadcaster Hospitality, which blends influences from (Melb)ourne and (A)sia for a gourmet yet leisurely di...

コロナ禍で、レストラン利用は2名まで、子供の遊び場も規制されている今

それで有名だったカフェレストランはどうなっているのだろうと思っていたけど

思った以上に淋しく

我が家以外、誰もお客さんの姿は無く

ここは、Goodman Arts Centreという施設の中にあるカフェなのだけど、平日の夜、アートセンターにもほとんど人がおらず、とにかく閑散としていて

せっかくだからテラス席で庭を眺めながら夕食にしようよ、と息子に言ったら、「嫌だ。中の席がいい」との一点張りだったので、渋々、屋内の席へ。

この息子の一点張りに、1時間後ぐらいに助けられることになる。

メニューは子供とシェアしやすいパスタやピザ、サンドイッチが多くて、キッズメニューもあり。

まだテーブル2人規制があるので、私と息子、夫、と2テーブルに分かれようかと思ったら、店員さんが「大人はシェアするなら、夫婦で1テーブル、子供が1人席がいいよ」とアドバイスしてくれたので、初の息子1人席。

大人と子供が分かれて座ることに慣れているお店なんでしょうね。

料理は、バウンシー代が含まれているんだろうな、という価格設定で

バウンシー無い時に行くってどうよ、と思うけど

味は手が込んでいて洒落ていて美味しかった。

息子の好きなペパロニピザ。

私がオーダーしたサンドイッチは、グリル野菜とチーズが絡んで美味しかった。

夫の好きなキューバンサンドがあった。キューバンサンド、なかなか無いので、メニューにあると必ず食べている。

大きなマッシュルームのハーブ焼き、食感ほっくり、これは旨い。

最後にアイスクリームを食べてゆっくりしていたら

息子が

「あー!お母さん、外見ちゃダメだよ!!」

と言うので、何事かと思ったら

外のテラス席に

私とドラえもんが大嫌いなあの小動物が走り回っていたらしい。

その小動物の名を、仮に、ミッキーとする。

ミッキー!

あー、外のテラス席にいたら、悲鳴ものですよ…

そういえば、ナイトサファリにも相当な数のミッキー達がいて、入り口のレストランや、歩いて回るトレイルで、頻繁に遭遇したことを思いだす。

人がいない夜の半屋外レストランは、ミッキーたちにとってはパラダイスなのでしょう。

Cafe Melbaを出るには、ミッキーが走り回るテラス席エリアを通らねばらなず、ぎゃーぎゃー言いながら通り過ぎ。

遭遇せずにお店を出ることができて、ほっと一息ついて、お店を振り返ったら

ミッキーが、ちゃーっと、お店の入り口を走っていたのを見てしまった。

……。

バウンシーが出ていないPlayground付きカフェで、夢から覚めたミッキーに遭遇し

妙にハイな気分で、家族3人でバス停一駅分歩いて

向かったのは、そもそも出かけた理由の目的地

マウントバッテンの、デカいデカトロン。

夏休みに入った息子の遊び道具を買いに行ったんでした。

しかし、昨日買ったばかりのフリスビーで、さっそく友達と遊んでいて

さっそく失くしてきたらしい。

まだ下ろしたてのビルケンのサンダルも、片方飛ばして失くしてきたらしい。

まったくもー。

どうなってるんだろうね、男子という生き物は!

フリスビーはまぁいいとして、ビルケンは明日探してきてもらいますよ。。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました