ギリシャ料理でお祝い「Blu Kouzina」

◆食べる・シンガポール
スポンサーリンク

今年の挙式記念日は、旧正月の元日とかぶっていたので、どこのレストランもしまっていると思ったら、行きたいお店がだいたい予約を受け付けていて

コロナ禍でどこにも行けない旧正月、もしかしたらシンガポール内のレストランは営業してる??

昨年末の私の誕生日に満席で予約が取れなかった、デンプシーヒルのギリシャ料理店・Blu Kouzinaも、HPからすんなりディナーの予約が取れました。

Blu Kouzina – Greek Restaurant in Singapore, Dempsey Hill

1月1日は大雨の元日だったけど、2月12日の旧正月元日は、夕方6時でも青空で、お店の名前と看板の青とよく合っていた。

デンプシーヒルの木々にランタンが吊るされていて、旧正月ムード。

こちらのお店、今までなかなか予約が取れなかったので(予約するのが遅かったんだけど)、狭いお店なのかと思っていたら

屋内も、テラス席も、大きなテーブルがたくさんある、広々としたお店で

それで予約が埋まっているのは、かなり人気なのですね。

家から散歩でも行ける距離ですが、どこか別の国に旅行したような気分になる雰囲気。

緑溢れる景色のテラス席で、テーブルには旧正月らしく、みかん。

夫が予約の際に、挙式記念日だと伝えておいたら、最初にテーブルに通された時に、「お祝いにスパークリングワインをプレゼントします」と。これは嬉しい。

2005年にハワイで挙式してから、16回目の記念日。

ハワイから遠いシンガポールに移住し、コロナ禍の今は、さらに遠いところにいる気がしますが

世界のどこにいても、夫婦仲良くやっていきましょう。

息子が、キューブを、ちゃかちゃかっと回して、「16」を作ってくれました。

3 DIP PLATTERは、TARAMASALATA(鱈)、MELITZANOSALATA(焼き茄子)、TRIA FASOLIA(豆)の3種類を選びました。

鱈のディップが、日本のタラコクリームのようで美味しいと聞いていて楽しみにしていたけど、日本の夏を思い出すような焼き茄子が想像以上に美味しかった。

どこに行っても注文している気がする、息子の好物、KALAMARI(イカフライ)。

GRILLED KEBAB PLATTERは、一番小さいサイズでも3人家族には充分な量。ビーフ、ラム、チキンのケバブは、ハーブとスパイスが効いていて、ビールに合う味。

そして、このお店に行った人がみんな勧めていた、XTAPODI(グリルした蛸)が、本当に柔らかくて、香ばしくて、とっても美味しかった!

どうやったらこんなに柔らかくグリルできるんだろう。

これ最高でした。

一皿の量が多いので、お腹はち切れそうだったくらい。

デザートはギリシャの伝統的なお菓子だというPORTOKALOPITA(オレンジケーキ)を注文してあったけど、ヨーグルトかアイスにしておけば良かった。このケーキはとても美味しかったけどね。

帰る時間になっても、お客さんは続々と入ってきて、外にも並んでいた。

タクシーを待ちながら周りを見渡すと、デンプシーヒルのほとんどのお店は営業していたようで、大賑わい。

こんなにお店が開いている旧正月元日のシンガポールというのも、コロナ禍ならではじゃないかな。

それとも、これを機に、旧正月も営業するようになるのかな。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました