スイートルーム平日1 for 1プロモーション、Mandarin Oriental Singapore。

◆ステイケーション・シンガポール
スポンサーリンク

規制緩和を受けて、息子のイースターホリデーは近隣国にリゾート旅行に行きたいなぁ…とギリギリまで悩んだのですが

隔離はなくてもPCR検査はあるので、取れても4〜5日の休暇のためにそれをやってたら疲れるなと諦めていたところに

マンダリンオリエンタルが平日にスイートルームの1 for 1プロモーションをやっていたので、やっぱりイースターホリデーもステイケーションで、シンガポール国内でゆっくり過ごすことにしました。

Luxury 5 Star Hotel | Marina Bay | Mandarin Oriental, Singapore
Experience our Singapore 5 Star hotel in Marina Square, near Marina Bay offering luxurious rooms and suites, fine dining, private spa and meeting ...

マリーナエリアのマンダリンオリエンタルに入ったのは初めてでした。

20代の頃、香港によく行っていた頃に、中環のマンダリンオリエンタルに泊まったことがあって

名前の通りオリエンタルな雰囲気が素敵で、好きなのだけど、その他の国ではなぜか泊まったことがなかったことに気付きました。

東京・日本橋のマンダリンオリエンタルには何度かアフタヌーンティーをしに行ったことあるくらい。

総フロア吹き抜けで、浮くように上下するエレベーターが圧巻。

建物自体がマンダリンオリエンタルのマークの形をしています。

14階のシティスイートに泊りました。

2泊するならクラブラウンジアクセス付きにしようと思ったら、ラウンジの利用は12歳以上だったので、今回はラウンジ無しのスイートを予約。

そうだった、マンダリンオリエンタルは他の国でも候補に上げながらも、どこも12歳以下のラウンジ入場不可だから泊まっていなかったんだった。

だから子供が小さい頃は、キッズフレンドリーで子連れでラウンジ利用できるシャングリ・ラを選んでいたことを思い出す。

ビジネス利用が多い大人向けのホテルというイメージだったけど、今回も規制緩和でビジネス渡航が再開したことを目の当たりにした、というくらいビジネス客がたくさん宿泊していました。

出張でビジネスホテルじゃなくてマンダリン使えるくらいの役職っぽい人ばっかりね。

客室フロアの廊下や朝食レストランで、スーツ姿の人がぞろぞろ歩いていることが新鮮というか、ついに国が開いたことを実感。

スイートルームには、リビングルームに繋がるフロントドアと、クローゼットに繋がるバックドアの2つあり。

クローゼットで靴を置きたかったので、いつもバックドアから出入りしていました。

入ってすぐにバスルーム。

シャンプーやボディソープは壁付けタイプで、どこのものかよく確認せずに使ったら、とても良い香りと使用感で、よくよく見たら良い香りのキャンドルで有名なDiptyqueでした。

A memory in a fragrance...
at diptyque, fragrances are created around powerful stories and joyful recollections. Today, it is Do Son taking shape.

マンダリンオリエンタルのアメニティはAromatherapy associatesだった覚えがあるけど、スイートやクラブルームはDiptyqueなのかな。

このシャンプーとコンディショナーがとても良かったからニーアンシティに買いに行こうと思ったら、どうやらヘアケア製品は一般販売していないらしい。

ベッドルームは、キングで予約していたけど、ツインでした。普段キングに寝ていると、シングルは狭くて寝返りに気を使ったので、やっぱりキングが良かったな。

というかスイートのツインでシングルが2台ということにちょっと驚いた。ベッドルーム広いんだからせめてセミダブル2台入れてくれませんか…。

私が半日仕事で、先に夫と息子に12時にアーリーチェックインしてもらったのですが

お腹が空いていたから、すぐインルームダイニングを注文してしまい、もう部屋を変えてもらうのも面倒で、そのままのツインの部屋を使ったようです。

私がチェックインしていたらルームチェンジ交渉してたな…。

ハンバーガー美味しかったようです。

リビングルームは、大きなソファとデスクあり、息子用にエキストラベッドが入っていました。

リビングルーム隣にももう一つバスルームあり。

ソファには風船が飾られていて、子供用スリッパやメッセージカードもありました。

ウェルカムドリンクとスイーツに、パイナップルソーダとアップルソーダ、ローカルスイーツをいただきました。

パイナップルケーキも2箱いただきました。

テレビはリビングルームとベッドルームそれぞれに1台ずつあり、どちらも天井にスピーカーが2つずつあって

息子のSwitchのゲーム音が部屋中に響きわたるという…。

部屋自体は古めですが、メンテナンスと清掃は行き届いていて、広々としていて居心地が良かったです。

直前の規制緩和で、ホテルのプールの人数制限やディスタンスがなくなり、予約も必要なくなったので

結局プールで長時間過ごしていて、スイートじゃなくても良かった気もしましたが

スイートだけが1 for 1プロモーションで朝食付きだったので、それならやっぱりスイートで良かったという感じでした。

マリーナが一望できる向きの部屋はさらにお値段が上がるので、別に風景はこだわらない我が家には、サウスビーチ(JWマリオット)向きの部屋の夜景で充分でした。

2泊3日、ほとんどホテルから出ずにゆっくり過ごして写真がいっぱいあるので、食事やプールは分けて記録します。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました